旦那☆の雑記帳。毒やらナニ?やら吐くことも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブンとフン
久しぶりに思い出して読みたくなった、この本。

buntofun_book.jpg

井上ひさしの「ブンとフン」。

この本、いったい何冊買ったコトやら。小学生の頃だったかに本屋で見かけて以来、無くしてしまったり人にあげたりして何度も買い直している。

作者はもう亡くなっているから古本でいいやとブックオフに行った。店に入って正面が文庫本の棚で30秒とたたずに目的の本を見つけた。250円。こんな綺麗な本は望んでいない。もっと安いのがあるはずと思ってサービス品の棚を調べたら、案の定105円の値札がついたのがあった。少しだけ焼けて傷んでるけど、読むのには全く支障が無い。

内容は、マンガみたいなドタバタ。読んだことのない人には一度読んでみることをお勧めする。



コメント
この記事へのコメント
おいらもこの本を買いなおしたクチです^^;。
中学の頃に「吉里吉里人」を読んでからしばらくハマりました。

2013/10/02(水) 16:48:01 | URL | ぽち #0KaC75xM[ 編集]
ぽちさん、まいど。

この本、面白いですよね。

吉里吉里人はタイトルだけ知ってますが、まだ読んだことがありません。機会があれば読んでみようかな。
2013/10/05(土) 17:29:35 | URL | 旦那☆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。