旦那☆の雑記帳。毒やらナニ?やら吐くことも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脱輪
今日の仕事の現場は軽井沢だった。

幸い雪はほとんど降っておらず、幹線道路には雪は全くといって良いほど無かった。ただ、路地は雪が積もったままで、幹線道路も路肩には除雪された雪が積まれていた。

初めて行く場所だったので路肩に車を寄せて様子を見ようとしたのだが、積まれた雪にタイヤを突っ込んだ音と感触が伝わってきた。

進めないので、慌てず騒がず少しバックして……タイヤが空転してバックも出来ない。

クルマを降りて見ると、左前輪(FFなので駆動輪)が雪の中に埋まっている。様子を見ようとして左側に行ったら、ズボッ!と音がして右足が雪に埋まった。そこは実は側溝で、右足は哀れ冷たい水に膝下まで浸かってしまった。

今度は後ろのタイヤの様子を見ようとクルマの左後ろに回ったら、今度は左足を側溝に突っ込むという事態に(バカ)。

脱輪したクルマは動かないわ、両足はぐちょぐちょで冷たいし情けないしで泣きたくなった。

作業開始の時刻が迫ってきてしまったので関係各所に電話をして事情を説明した後、保険会社に電話をした。するとレッカー車を手配してくれて、30分くらいで助けに来てくれた。

偉いぞ、チューリッヒ。

ぐちょぐちょになった両足は靴下を脱いで、持っていた長靴に履き替えてなんとかなった。遅刻しちゃったけど、その後は何事もなく仕事を終えられた。帰りがけにホームセンターを発見して靴下も入手できた。


教訓:雪で路面が見えないところにクルマを停めようとしてはいけない(単にバカとも言う)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。