旦那☆の雑記帳。毒やらナニ?やら吐くことも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家内サーバー故障
我が家のファイルバックアップ用のパソコンが壊れた。

以前は安物のNAS(LAN対応外付けHDD)を使っていた。最初は良かったがだんだん動作が遅くなり、ついには全く使い物にならないほどになった。今は亡き父の使っていたPCをファイルサーバ代わりに使っている。PCは外付けHDDに比べて消費電力が大きいのでファイルをコピーするときだけ立ち上げて使う。

このPCが不調で突然画面は真っ暗、FDDがカタカタ音を立て続けてるという症状が起きるようになった。もちろん操作不能。

仕事で作ったデータがバックアップできないのは困るので、開けて調べているうちに全く起動しなくなってしまった。症状からするとマザーボードか電源か。

試しに20ピンのメインコネクタの13番と14番をショートしてみると、正常ならば電源が動き出すはずがまったく動かない。

手持ちの電源をケースの外に置いたままつなぎ換えてみると、無事に起動して正常動作しているようだ。

PC電源

でもこの電源、ケースにあわないので取り付けできない。容量も小さいし。

仕方なく新しい電源をパソコン屋に買いに行った。一番安いのを買おうかと思っていたのだが、ちょっとだけ良いのが処分価格で出ていたので迷った末購入した。ホントは日本製のコンデンサを使った良いものが欲しいが、そういうのは値段も良い(苦笑)。

私がメインで使っているパソコンに買ってきた新品の電源を付けて、外した電源を今回壊れたパソコンに接続した。こういうのもドミノ移植って言うのかな。

以前いた会社でバックアップの必要性をいくら説いても全く理解されなかった経験がある。私は仕事のデータが吹っ飛んだらと想像するだけでぞっとするんだが…。

今回は比較的簡単に手に入る部品で良かった。こういうときは自作パソコンでよかったと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。