旦那☆の雑記帳。毒やらナニ?やら吐くことも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残念…
私の愛用のコンパクトデジタルカメラ。

サンヨーのDSC-MZ3。2002年の10月に新品で購入した。

200万画素という今となってはオモチャみたいなカメラだけど、画質はそこそこ良い。撮像素子であるCCDが1/1.8インチというコンパクトカメラとしては比較的大きなサイズなのが要因。今時のデジカメって画素数はやたらと多いけど、撮像素子はものすごく小さくて気に入らない。カメラの画質は画素数よりも撮像素子の物理サイズが重要だと思うんだけど。

200万画素ということで、一枚あたりのデータが小さい。だから大容量のカードじゃなくても静止画はかなりたくさん撮ることができる。PCに取り込んだときも軽いし、画素数が少なくて良いこともあるのだ。大伸ばしにするには不向きだけど、このカメラにそこまで望まないし。

動画クリップを撮る楽しさを教えてくれたのもこのカメラ。使い勝手も良くてバッテリも長持ちするし、かなり気に入って使っている。


DSC-MZ3

電池を交換すると日付やら撮影モードやらが初期化されてしまい、いちいちセットしなおさなければならない。長いこと仕様だと思いこんでいたのだが、買ったときは違ったような…と思い返して取説を見てみるとバックアップされると書いてあった。考えてみれば当たり前だよ、バカだなぁ俺。

すごく古い機種なので、修理可能かどうかメーカーに問い合わせてみた。すると、バックアップのためのバッテリの交換が必要とのこと。バッテリは基板に直付けされているので基板ごとの交換となり、費用は8400円だと回答があった。

この額ならとサービスセンターへ持ち込み、修理に出した。

ところが二日後、サービスセンターから電話があり修理代が18900円になると言われた。いくら気に入っているカメラでも、今の私にはちょっと大きすぎる額なので泣く泣くキャンセルした。

新しいデジカメを買う余裕はないので、当分はこのカメラをだましだまし使っていこうと思う。不便だけど、時刻以外の最低限の設定は指が覚えてしまって素早くできるし。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。