旦那☆の雑記帳。毒やらナニ?やら吐くことも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
撮影
義姉がお世話になっている作曲家の先生のスタジオで、今制作中のウェブサイトに載せるための写真を撮ることになった。


都内某所。撮影機材を多く持って行きたかったので当初はクルマで行くつもりでいた。だが、ビジネス街で昼間は駐車場の確保が非常に困難とのことで、電車で行くことにした。

カメラバッグに詰められるだけ機材を詰め込んで、三脚を持って、さぁ行こうと思ったら、雨だったorz。重い荷物担いで出かけるときに限って…。


現場で義姉と先生と合流し、一休みしてから撮影開始。部屋の全景やピアノ演奏中の先生など次々と撮影した。


無理な願いだとは承知しているが、新しいカメラ欲しいなぁ。D100のファインダーは倍率が低いし暗いしで、室内ではほとんどピントがわからない。AFが文句ないほど頼りになれば良いのだけれど、それもイマイチだし。


まぁなんとか撮影を終えたのが午後5時頃。食事でも…と誘われて近所の中国料理店へ。義姉は銀行(ATM)に寄ったので、私と先生が先に店へ。

「飲みますか?」と問われ、二人の予定を聞いていなかった私は自分だけ飲むのはイヤだなぁと躊躇したが、聞けば先生も飲むとのことなので喜んでご相伴させていただくことに(笑)。

この店はなにを頼んでも美味しいという先生の言葉通り、美味しい料理が次々と。先生、店の主人に「餃子、大丈夫?」と聞いていた。オイオイと思ったけれど主人も「うん、中国製」と笑って返していた。かなり常連らしいのでこういうやりとりも可能なのだなと思った。餃子、すげぇ旨かった。

たらふく食べて飲んで、重い機材を抱えて帰りの電車は通勤ラッシュの真っ最中。家に帰り着く頃には疲労困憊だった。


今日、体のあちこちが痛い。疲れもやや残っている。写真撮影って、やったことがない人が思うほど楽な仕事ではないとはいえ、この疲労度はややショック。今度は長野のスタジオで撮影をやらなきゃならないので、ちょっと鍛えておくかな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。