旦那☆の雑記帳。毒やらナニ?やら吐くことも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CFカードとステージ撮影
暮れに注文していた品が届いた。

1GBCFカード

トランセンドのコンパクトフラッシュカード、1GB。

CFはコストパフォーマンスがいいのでトランセンドのものを愛用している。

いままで使っていたのもトランセンドのもので、512MBだった。512MBでニコンD100で撮ると150枚くらい撮影できるので通常の使用にはほとんど支障がない。

このところ、義姉の仕事のカメラマンを頼まれることが多い。ステージは40~60分程度と短いのが多いので512MBで足りなくなったことは今のところないのだが、クリスマスディナーショーのときは出演者が多く、多少残り容量を気にしながらの撮影となってしまった。

新しいカードをカメラにセットすると、残り枚数が307と表示された。もちろんjpegで画質はFINE。D100は600万画素だからこんなに撮れるけど最近のデジカメは1000万画素オーバーのものが増えているからそういうカメラだと1GBでも少ないんだろうな。
価格はkakaku.comで調べて最安値の店で3,300円+送料。D100を買った頃に512MBを買ったよりずっと安かった。


これで容量を気にせずにシャッターが切れる。もっとも、最近は闇雲にシャッターを切ることはあまりないのだけれど。

はじめの頃は歌を聴いていてサビで盛り上がったときに合わせてシャッターを切っていた(いかにもシロウト)のだけれど、これだと使えるカットがあまりないことに気づいた。歌手が大きな声を出している時ってあまり良い表情ではないのだ。大きな口をあけて歯が見えていたり、首に筋が浮いていたりして。マイクも顔の前にあってジャマだし。

最近は一所懸命歌っているときは傍観していて、間奏の時などマイクが顔から離れた時をねらってシャッターを切っている。踊って多少ポーズがついているとベスト。

義姉は歌が途切れたとき下を向いてしまうことが多かったので、それを言っておいたらカメラ目線をくれるようになった。これでだいぶ写真が撮りやすくなった。

やはり何事も慣れと勉強が大事なのだと痛感した次第。


コメント
この記事へのコメント
本年もよろしくお願いします(^^)/°°

フラッシュメモリーですが、最近SDカードの値段がCFに比べて安くなってきております。SD→CFアダプタを使うとCFに比べて少し遅くなりますが、容量の割に安くあげられますよ(^^)/°°
2007/01/06(土) 18:11:07 | URL | イオQ #d3xRQPUk[ 編集]
> イオQさん

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

あぁなるほど、今はSDの方が生産量が多そうですもんね。SD→CFなんて、存在すら知りませんでした。

不勉強だと無駄遣いするってことですね。でも、CFをそのまま使う方が安心感があるし、これ以上買えないのでよしとします(笑)。
2007/01/06(土) 21:07:58 | URL | 旦那☆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。