旦那☆の雑記帳。毒やらナニ?やら吐くことも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイのタイ
近所のスーパーで鯛のアラを見つけると買ってくる。


今日も頭(半分)と中骨などが入ったパックが100円だったので、2パック買ってきた。

湯通ししてから塩焼きにして、子供達も喜んで食べた。


最近、鯛のアラを食べると息子が必ずリクエストするものがある。ずっと昔、「美味しんぼ」に載っていたコレ↓。


鯛の鯛

「鯛の鯛」などと呼ばれる骨だ。他のサカナにも同じような骨があるけど、鯛ほど魚らしい形をしているものは珍しいらしい。教えてやったら気に入ったらしく、取っておいてくれという。お湯で煮詰めて中性洗剤で洗って脂や身の残りをよく落とし、その後で塩素漂白してみた。


この骨に関しては、下記のページに詳しい解説が載っている。

『海のはくぶつかん』

鯛のタイ(富戸の波)

アラって食べるのが面倒くさいので敬遠されがちだけど、こういう骨を慎重にはずして食べるなんてのも楽しみ方のひとつだと思う。それに旨いしね。


アラだから、食べ終わった後たくさん骨が残る。これと水を鍋にぶち込んで沸かし、ティーパックでお茶を出す。塩昆布をひとつまみとわさびをほんのちょっぴりご飯に乗せてこのお茶をたっぷりかけると、めちゃめちゃ旨いお茶漬けのできあがり。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。