旦那☆の雑記帳。毒やらナニ?やら吐くことも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「ゲゲゲの鬼太郎」
映画「ゲゲゲの鬼太郎」公式サイト

来年のゴールデンウィークに公開予定の実写版映画。

主人公がウエンツ瑛士って……ミスキャストじゃないの?鬼太郎はイケメンじゃないだろ?他のキャストはありえそうなのに、主人公だけは許せない気がするのは私だけ?


コメント
この記事へのコメント
設定キャラが濃いアニメや漫画は、過去に遡っても実写に耐えられない物が多いですよね。

ルパン3世 念力珍作戦とか、
鉄腕アトム とか^^;;;。

昔はアニメを作るよりも実写にしたほうが手っ取り早かったんでしょうけど、ベルばらなんか実写版は無茶苦茶評判悪いっすよ。見た事無いですけど。
2006/12/01(金) 13:54:32 | URL | ぽち #0KaC75xM[ 編集]
> ぽちさん

> 設定キャラが濃いアニメや漫画は、過去に遡っても実写に耐えられない

そういや、映画「デビルマン」は評判悪かったですね。「糞映画」ってキーワードでググるとトップにでてきてたし(笑)。デビルマンはキャストだけじゃなくて、全部ダメダメだったみたいですが。

鬼太郎はまだ映画の出来がわからないのでなんとも言えませんが主人公のキャストだけみると観る気は起きないっす。
2006/12/01(金) 22:40:04 | URL | 旦那☆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ゲゲゲの鬼太郎『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は幽霊族の少年鬼太郎(きたろう)を主人公とする水木しげる原作の漫画。概要1933年から1935年頃にかけて民話の「子育て幽霊」を脚色した伊藤正美作の富士会の『ハカバキタロー(墓場奇太郎)』とい
2007/03/27(火) 07:28:00 | 彩音の記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。