旦那☆の雑記帳。毒やらナニ?やら吐くことも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蕎麦
思い出した。新蕎麦の季節だってのに、今年はまだ旨い蕎麦を食べてない。

いったん食べたいと思い出したら我慢ならん。クルマを走らせて蕎麦屋へ。ここは店頭でいつも石臼が回っていて、そば粉を轢いている。

私がいつも注文するのは、からみおろしそば。わさびの代わりに辛味大根がついてくる。蕎麦が旨いやつなら、わさびの香りは強すぎる。大根の辛さが蕎麦の香りと甘みを引き立てるので、こっちの方が好み。大盛りを注文した。

からみおろしそば

カメラを持ってくれば良かったと後悔した。PHSしかない。画質が悪いのはご勘弁を。

一口目はなにもつけずに蕎麦を味わう。うん、この香り、いいね。

薬味はめんつゆには溶かさない。ちょっと箸で取って蕎麦につけ、めんつゆを少しだけ付けて食べる。わさびを溶かしたつゆに麺をどっぷりつけて…なんて、蕎麦の香りが台無しだ。海苔が乗っているのも許せない。海苔はきらいじゃないけど、蕎麦には決して乗せたくない。海苔の香りしかしなくなる上、水分を吸って麺が固まってしまう。


そばがき

妻が注文したのはそばがき。そば粉を練ったもの。わさびをちょっとつけ、醤油を垂らして食べる。付け合わせはネギと鰹節。そばがきは蕎麦の香りをダイレクトに楽しめる一品。

最後はもちろん、そば湯。これがなくちゃ蕎麦を食べたとはいえない。蕎麦の栄養って、ほとんどそば湯に出ちゃってるしね。そばがきは茹でてないからそば湯がなくてもいいけど、でもそば湯は飲みたい(笑)。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。