旦那☆の雑記帳。毒やらナニ?やら吐くことも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
簡単レシピ
テオさんが手抜きレシピなんか始めるから、こっちもちょっとやってみるかとか考えてみるテスト。

「ピーマンの塩昆布和え」

ピーマンを二つに切ってタネを取り、細切りにする。
ピーマンをざっと湯がく。湯通し程度でも可。
塩昆布(ふじっ子など)を適量混ぜ合わせる。

おかずにもつまみにもOK。超簡単なのでお試しを。
コメント
この記事へのコメント
うましょ~♪
ビールに合いそうですね(*^_^*)
2005/07/04(月) 22:49:14 | URL | Luna★ #-[ 編集]
これは、ピーマン産地の方々が食べているレシピとしてテレビで紹介されていた物です。

さらに手を抜く場合は、茹でるかわりにレンジでチンって手もあります。いずれにせよ、熱いうちに塩昆布と混ぜ混ぜするのがポイントですね。ゴマを入れる人もいるみたいです。

ビールももちろんイケます。息子も喜んで食べてました。
2005/07/04(月) 22:49:41 | URL | 旦那☆ #-[ 編集]
本当に簡単ですね!
しかも旦那☆さんが紹介しているというのが何より信頼できちゃう(笑)
うちのご主人様のためにいっちょ作ってあげるかな(^.^)
2005/07/04(月) 22:49:55 | URL | KEI #-[ 編集]
ウヒッ!
とうとう名前が載っちゃったい(笑)
レンジでチンでもいいなら、湯通し(熱湯をかける)でも大丈夫っぽいっすね。おいしそうですヘ(゜▽、゜*)ノ ジュル♪ ピーマン大好き~♪
ピーマンなら私が好きなせいで(笑)大抵冷蔵庫に入ってるから、旦那のツマミがない時にちょうどいいですね。感謝感謝♪
2005/07/04(月) 22:50:10 | URL | テオ #-[ 編集]
> KEIさん

ピーマン切ったらほぼ調理終了って感じですから(^^)。ちょっともう一品って時にもいいですよ。

> テオさん

熱湯をかけるのでも大丈夫です。あまり火を通さずにシャキっとさせるパターンと、しんなりさせて塩昆布とよくなじませるのと、作れます。シャキシャキしんなり加減とか塩昆布の割合とか、お好みで調整してみてください。
2005/07/04(月) 22:50:36 | URL | 旦那☆ #-[ 編集]
作りました!!
旦那、とっても喜んでましたよ♪
昆布は●ジッコのこもち昆布というのにしてみましたが今度は他のでもいいのかな?どんな昆布が一番オススメですか?
2005/07/04(月) 22:50:55 | URL | KEI #-[ 編集]
KEIさんがお使いになったのは、「ふじっ子煮」の方ですね。

この料理で使っているのは、塩吹き昆布の方です。乾いていて袋で売っているやつ。茹でたてのピーマンに塩昆布を混ぜると、昆布味の塩がピーマンに移って味がつくんです・・・が、要は昆布で味がつけば良いので、KEIさんが使われたものでも全く問題ありません。

私が使うのは一番シンプルなふじっ子です。でもゴマとか葉唐辛子とか、オプションが混ざっているのもおいしそうですよね。なにが正解ってのはないと思いますから、お好みで遊んでみてください。
2005/07/04(月) 22:51:16 | URL | 旦那☆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。