旦那☆の雑記帳。毒やらナニ?やら吐くことも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ通信簿
ブログ通信簿というサイトを知った。


最近の10個のエントリーを元に通信簿が作成されるらしい。さっそくやってみた。

通信簿


ブログ性別とブログ年齢は、ブログに書かれた内容や言葉遣いなどから自動的に推定される。女性っぽい書き方をしているとは思っていないのだが、女性で24歳とでた。今更言うまでもなく私はオッサンだ(笑)。


主張度は、ブログにどれだけ自分の意見や感情などを書き込んだかだそうだ。5が満点だから4は結構主張しているってことか?


気楽度は、ポジティブな表現とネガティブな表現との比率。3だからほぼ均等なのかな?

マメ度は、ブログの更新頻度で判定される。それほど頻繁に更新はしていないので、3は妥当かもしれない。


影響度は、ブログがどの程度引用されたかを統計処理して算出されるらしい。まぁこんな自己満足ブログ、引用なんかされているわけもないので、1は頷ける。


それにしてもごはんの知識と幼稚園の教諭って、どういう関係があるのだろう…。



スポンサーサイト
カレンダー
うそこメーカーの、カレンダーメーカーをやってみた。


カレンダー安茂旦那☆

まずはハンドルネームで。ほとんどが学。たまに空想。うーん、いいんだか悪いんだか。試しに「安茂」を外して「旦那☆」だけにしてみたら、ほとんどが合コンで埋まってしまった(苦笑)。


カレンダー妻

試しに妻(本名)。忙ばっかり。でも現実とあっているかも…。


カレンダー本名

そして私の本名。

…。
……。
………。


いや、私、そんなにHばかり頭にある訳じゃ……。


ない!たぶんないと思う…ないんじゃないかな?…あれ?


つーか、こんな生活してたら、過労死するよねきっと。
剣玉
また、pya!より。


剣玉

pya! 剣玉?


クリックするとゲーム開始。マウスを振って剣玉遊び。


絶望的に難しいけれど、シツコクやってたら一回だけ入った。


バットでペンギン
最近というか以前から、pya!というサイトを見ている。画像投稿サイトなのだが、結構面白い。

その中にあった、コレ。


バットでペンギン
バットでペンギン


上から落ちてくるペンギンを、タイミング良くバットで打つというゲーム。

高い角度で打つと、ペンギンが氷にのめり込んでしまう。低すぎてもダメ。
ちょうど良い角度で打つと、ペンギンがバウンドしながら進んでいく。

最高で1224.1m飛ぶらしいので、しつこく何度もやってみた。

ペンギン最高記録

なんか、ひでぇ虐待してるみたいだけれど、ハマってしまった(笑)。

ネイガー
ネットでニュースサイトを見ていたら、ローカルヒーローが活躍しているというニュースを見つけた。

その中で紹介されていたうちのひとつ、秋田のヒーローがすごくウケた。

超神ネイガー

私は秋田に行ったことはないのだが、有名どころの秋田名物くらいは知っている。

以下、公式サイトからいくつか記述を抜粋する。

「秋田県民の、秋田県民による、秋田県民のためのヒーロー計画」
「海を、山を、秋田を守る。秋田発・地産地消ヒーロー」

ナモミハギをモチーフとしている。ナモミハギとは、主に日本海側に沿って全国に広がっている来訪神のこと。男鹿のナマハゲが代表格。

超神ネイガーに変身する主人公はアキタ・ケン。ネイガーの名前の由来は、「泣ぐ子(ご)は居ねがぁ!」「悪り子(ご)は居ねがぁ!」というナモミハギの叫び声から。


ネイガーの装備。

【キリタン・ソード】
 きりたんぽ型の剣。ネイガーの主力武装。
 必殺技:「比内地鶏クラッシュ」 他

【ブリコガン】
 鰰(ハタハタ)型の銃。弾丸はブリコ。
 必殺技:「男鹿ブリコショット」 他

【マシン・ショッツラー】
鰰(ハタハタ)型のバイク。燃料はしょっつる。


ショッツラーにウケてしまった(笑)。燃料はしょっつるって(笑)。

でもこれ、結構カッコイイと思うのは私だけだろうか。サイトもよくできていて、見ていて飽きない。

掻いて!
近所の公園にキバタンというオウムの一種が飼われている。

これが大変人懐こくて、近寄るとほっぺたを突き出し、掻いて!と要求する。


普段も行くと掻いてくるんだけれど、今日は妻と二人でコイツを掻くためだけにクルマで行ってきた(笑)。

このムービーではやっていないけど、咬まないことをアピールするために、ケージをくわえる行動も見られる。賢いなぁ。

キバタン(アニマル図鑑|ペットの専門店 コジマ)

このページに次の記述がある。

人なれしやすく、淋しがり屋の遊び好き。知能が非常に高く、記憶力・表現力ともに優れており、首元などを触ってもらいたがったり、自ら遊びのアピールをしてきたりする場合もある。


そうそう、その通り。接していると納得してしまう。でも子供は好きじゃないようだ。一度息子に言って手を出させてみたらすっと体を退いたのだ。

また今度行ったら掻いてやろう。


脳内イメージ
KEIさんの記事に書かれていた、脳内イメージ、家族全員の名前(本名)でやってみた。

まずはじめに私。
旦那☆

なんか、やや当たってるような気がして悲しい。

続いて、妻。
妻

よくわからん、とは本人の弁。

さらに、息子。
息子

うーん、これもよくわからんが、ちょっと可笑しい。

最後に、娘。
娘

妻と私はここで爆笑してしまった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。